2014.09.30

「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」発行のお知らせ

Img_5

 この度、NPO法人日本野鳥の会十勝支部より「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」を発行いたしました。


千嶋淳 著 鈴木瑞穂 イラスト NPO法人日本野鳥の会十勝支部(2013年発行) B5判 56ページ ISBN978-4-990741-10-5 定価1,050円(本体1,000円+税)

続きを読む "「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」発行のお知らせ" »

2014.09.29

「十勝の海の動物たち」発行のお知らせ

Img958a
 帯広百年記念館ロビー展「十勝沖・海の動物たち」に合わせて、「十勝の海の動物たち」を漂着アザラシの会より発行いたしました。20ページの小冊子ながら、オールカラーで十勝で確実な記録のある海鳥58種、海獣8種を80点以上の写真を用いて紹介しています。ミズナギドリ類やウミスズメ類等、通常の図鑑類にはあまり掲載されていない種類も多く扱い、十勝・道東の海で見られる鳥・獣を幅広く俯瞰できるのが特徴です。500円(+直接お届けできない方は送料80円)で販売いたしますので、購入を希望される方は、メール(pvstejnegeri_yoidore@dance.ocn.ne.jp)またはコメント(記入の際入力したアドレスは、web上では表示されません)にて連絡いただけたら幸いです。(本冊子の作成には日本財団の助成を受けました)

2013年11月25日追記:NPO法人日本野鳥の会十勝支部Internet Shopでもお求めいただけるようになりました。新刊の「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」ともども、引き続きよろしくお願いいたします。

(2012年5月23日   千嶋 淳)

2014.08.08

海鳥を読む⑬「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」

Img_5
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」(千嶋淳著、鈴木瑞穂イラスト、千嶋夏子編集協力 B5版、55ページ、NPO法人日本野鳥の会十勝支部、2013年)
 最後に、手前味噌で恐縮だが拙著を紹介させていただく。構想は2011年に遡る。海鳥を観察していると、なかなか図鑑のように見えず、また変異も多いため同定に悩まされることが多い。飛翔や複数角度、それに変異をできるだけ盛り込んで実際の観察に役立つマニュアルのような本が欲しいと思っていたが、誰も作らないので日本財団助成を機に取り組んでみることにした。ただ、その頃は舞い込む仕事を片っ端から引き受けていたので十分な時間が作れず、また十勝の海鳥・海獣を俯瞰できる一般向けの冊子が必要との思いもあり、まずは「十勝の海の動物たち」(18ページ、漂着アザラシの会、2012年)を作成した。A5版のページに4種類、1種につき写真1~2点と識別向きではないが、観察月や頻度も入っていて、いつ、どんな種類が見られるか知るには良いだろう。カタログみたいなものだ。これを片手に海上調査に参加する人もいて、嬉しく思ったものである。

続きを読む "海鳥を読む⑬「北海道の海鳥1 ウミスズメ類①」" »

2014.08.07

海鳥を読む⑫「The Auks」

Img_0007
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「The Auks」(Anthony J. Gaston and Ian L. Jones著、245×190mm、349ページ、Oxford University Press、1998年)
 世界の鳥の科ごとのモノグラフの一冊で、絶滅したオオウミガラスを含む23種のウミスズメ類を扱っている。現在では別種とされることの多いマダラウミスズメとアメリカマダラウミスズメ、セグロウミスズメとスクリップセグロウミスズメは同種としている。全体の3分の1ほどを占める総論は7章から成り、分類や進化、分布、食性、繁殖生態などが詳述される。Ian Lewington氏による8枚の美しいカラープレートに続く各論は、測定値や形態、生活史、音声などが種ごとに解説される。ウミスズメ類、特に太平洋にしかいないエトロフウミスズメ属やウミスズメ属に関する書籍は非常に少なく、何か調べようと思ったら個別の論文を当たらなくてはいけないので、1990年代までの情報を網羅してくれている本書は本当にありがたい存在だ。部数が少なかったのか現在は絶版らしく、たまに出る中古も数万円の値段で手軽に購入できないのが何とも残念。15年以上を経た今、その後の新知見と、デジタル時代で格段に増えただろう写真を追加して再販して欲しいものである。北太平洋のウミスズメ類のモノグラフとしては他に「Diving birds of North America」(292ページ、Paul. A. Johnsgard著、California University Press、1987年)がある。アビ類やカイツブリ類を含む北米の潜水性鳥類の生物学に関する集大成で、野外での使用には向かないが総論、各論とも読み応えのあるボリュームだ。嬉しいことに2007年に全文が電子化され、webページで無料公開されている。インターネットの弊害がニュースを賑わす昨今だが、文献の入手に関してはネットの普及で本当に便利になった。それまでは大学や研究機関に足を運んで、煩雑な複写手続きを経ないと入手できなかった学術雑誌が家で仕事をしながら、100年以上前の「IBIS」や「CONDOR」誌の記事だって簡単に見られるのだ。国内誌でも「鳥(現在の日本鳥学会誌)」や「山階鳥類研究所報告」が電子化され、直近のもの以外は無料でダウンロードできるので、興味のある方は活用されると良いだろう。


(2014年3月   千嶋 淳)

2014.08.06

海鳥を読む⑪「Skuas and Jaegers -A Guide to the Skuas and Jaegers of the World」

Img_0011
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「Skuas and Jaegers -A Guide to the Skuas and Jaegers of the World」(Klaus M. Olsen and Hans Larsson著、240×171mm、190ページ、Pica Press、1997年)
 デンマーク人鳥類学者とスウェーデン人画家の共著による、世界のトウゾクカモメ類7種のモノグラフ。従来1種とされて来たオオトウゾクカモメは4種に分けられ、北大西洋で繁殖する1種をのぞき南半球で繁殖する。13枚のプレート(2枚はカラー)に描かれたイラスト、150枚を超える写真(モノクロが中心だがモノがモノなので特に問題ない)にくわえ、野外識別、換羽、渡りに重きの置かれた解説は、変異が多く、年齢により羽色の変わるトウゾクカモメ類の難しい識別に重宝することは必定である。野外でのトウゾクカモメ類の見方や識別の着目点を含む総論や、渡りコースも示された種ごとの分布図も興味深い。つい最近も、霧多布沖で撮影したトウゾクカモメ類の幼鳥を、本書をはじめ幾つかの文献と照らし合わせてシロハラと同定できた。ちなみに、タイトルのskuaは英国ではトウゾクカモメ科全般に対して使うのに対して、米国ではオオトウゾクカモメ類にskua、それ以外の種にjaegerを用いる。同じ鳥の英名と米名が異なるのは、アビ類のDiver(英)とLoon(米)、ウミガラス類のGuillemot(英)とMurre(米)など多くあり、世界共通の英名が浸透しない一因となっている。著者らによる作として「Terns of Europe and North America」(207ページ、Christopher Helm、1995年)「Gulls of North America,Europe, and Asia」(608ページ、Christopher Helm、2003年)もあり、前者は未見だがアジサシ類の識別ガイドとして評価が高く、後者は多数のイラストとカラー写真を用いて、最新の知見に基づいて書かれたカモメ好き必携の大部の著だ。欧米にはこのような特定の分類群や種を対象としたモノグラフが数多く存在するが、日本ではまだまだ少ない。バードウオッチング文化が醸成されていないことの裏返しなのだろうか。なお、イラストを担当したLarsson氏は本書の出版時、20歳だったというからその早熟な才能には驚くしかない。


(2014年3月   千嶋 淳)

2014.08.05

海鳥を読む⑩「Petrels, Albatrosses & Storm-Petrels of North America」

Img_0001
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「Petrels, Albatrosses & Storm-Petrels of North America」(Steve N. G. Howell著、257×185mm、483ページ、Princeton University Press、2012年)
 北米のミズナギドリ、アホウドリ、ウミツバメ類の写真図鑑。太平洋も範囲に含まれており、日本で記録のある種の大部分が扱われている。大半が海上で撮影された多数の写真は画質も良い。分類や保全を含む58ページの総論に続く各種の解説は換羽や年齢識別、渡りパターンなどにも触れ、尾筒の色によるクロアシアホウドリの年齢識別など、すぐにフィールドで役立つ情報も満載だ。普通、書籍紹介では何がしかのアラを見付けて言及するものだが、今のところそれが見付からない、完璧な図鑑である。本書の出版を知ってアマゾンで取り寄せ、手にした時には大いに驚き、嬉しさと悔しさの入り混じった複雑な感情に襲われたものだ。いつか作ってみたいと漠然と思っていたような本が目の前に現れたのだから無理もない。著者のHowell氏には他に「Peterson Reference Guide to Gulls of the America」(516ページ、Houghton Mifflin Harcourt Publishing、2007年)「Peterson Reference Guide to Molt in North American Birds」(267ページ、Houghton Mifflin Harcourt Publishing、2010年)など多数の著書があり、前者は雑種も含めたカモメ類、後者は北米の鳥の換羽に関するガイドで、どちらも写真が多用されている上に解説のレベルも高い。氏はバードウオッチングツアー講師も務める野外鳥類学者・ライターとのことであるが、これだけ質の高い本を次々出しているのを見ると、凡人の筆者は「いつ寝たり、晩酌しているのだろう?」と余計な心配をしてしまう。ミズナギドリ目のフィールドガイドとしては「Albatrosses, Petrels & Shearwaters of the World」(Derek Onley and Paul Scofield著、Princeton University Press、2007年)も良書だ。こちらは45枚のプレートに、類似種が並べて描かれたイラストが特徴的(独特のタッチで好みは分かれるかもしれない)で、分布やJizzも詳述された解説と合わせて、野外で使いやすいサイズである。ユニークなのが「Multimedia Identification Guide to North Atlantic Seabirds Storm-petrels & Bulwer’s Petrel」(212ページ+2DVD、Bob Flood ほか著、Pelagic Birds & Birding Multimedia Identification Guides、2011年)。北大西洋のウミツバメ類とアナドリの図鑑で、観察さえ難しいウミツバメ類が130枚以上のカラー写真で紹介されるだけでなく、付属の2枚のDVDでは海上や繁殖地での姿を動画で堪能できる。コシジロ、ヒメクロ、クロコシジロなど、太平洋との共通種も多い。


(2014年3月   千嶋 淳)

2014.08.04

海鳥を読む⑨「Flight Identification of European Seabirds」

Img_0003
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「Flight Identification of European Seabirds」(Anders Blomdahlほか著、234×156mm、374ページ、Christopher Helm、2003年)
 海鳥の飛翔に焦点を当てた図鑑で、海上を渡るのを見る機会の多い淡水ガモ類やガン・ハクチョウ類も含め、1種あたり2~11点の写真が用いられている。写真は複数角度からの個体写真だけでなく、群れの遠景や混群など、実際にフィールドで役立つものが多い。テキストではシルエット、飛び方や集群の仕方など、飛んでいる鳥の識別に重点が置かれており、「体の後半部に大きなウエイトのある印象を与える」(シノリガモ)、「盛り上がった背中と、下がった頭、首が特徴的な姿を示し」(アビ)といったJizzが多用されているのも、鳥をよく観察するヨーロッパのバードウオッチャーぽい。飛翔中の行動や光線による見え方の違いも細かく書かれており、日本の図鑑にはなかなか載っていない、そうしたセンスを磨くことで識別力は確実に向上する。科ごとに簡単な総論もあり、「アビ類の魅力のいくらかは神秘と原始のオーラがあって…(中略)…象牙色に輝く嘴のハシジロアビ夏羽があなたの前を、ディープブルーの海上低く、荘厳に飛んで行く光景は忘れられないものとなるに違いない」、「トウゾクカモメ類が視野内に飛んで来ると、渡る海鳥のルーチンなスキャニングは放棄され、seawatcherのグループ内に興奮が急速に増大し…(中略)…識別に関する議論は鳥が消え去るまで長く続く」などは思わず共感して頷いてしまう。対象地域はヨーロッパだが日本との共通種も多く、十分実用的。同様のコンセプトで最近出版されたのが「Peterson Reference Guide to Seawatching -Eastern Waterbirds in Flight」(602ページ、Ken Behrens and Cameron Cox著、Houghton Mifflin Harcourt Publishing、2013年)だ。北アメリカ東部の水鳥の飛翔識別ガイドで、大判で写真も鮮明なものが多い。カモ類やアビ類、トウゾクカモメ類など日本との共通種も多く、参考になる。これらの日本版が出れば、岬や海岸で海鳥の渡りを見守るseawatcher人口の増大に繋がるかもしれない。


(2014年3月   千嶋 淳)

2014.07.27

140727 十勝沿岸海鳥・海獣調査

Img_8084
All Photos by Chishima, J.
ツノメドリの若鳥 以下すべて 2014年7月 北海道十勝沖)


 今年度の十勝沖調査は月1回のペースで行っていますが、7月19日の調査で通常は出ても1、2羽のエトピリカが9羽も確認され、その数日前には衰弱したエトピリカが海岸で保護される(後に死亡)など何らかの海の異常が発生していると考えられたため、その状況を記録しておくべく有志を募って緊急調査を実施しました。ただし、予算の関係で調査範囲は水深100m以浅までとし、実際には波の影響もあって水深60mまでの沿岸域での調査となりました。降雨にくわえて波も高くなることが予想される天気予報で実施が危ぶまれましたが、幸い、雨はごく短時間ぱらっと降った程度で、波も多少のうねりはあったものの被るほどではなく、むしろ霧が無くて快適なクルーズでした。

続きを読む "140727 十勝沿岸海鳥・海獣調査" »

2014.07.23

海鳥を読む⑧「Seabirds An Identification Guide」

Img_0005
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「Seabirds An Identification Guide」(Peter Harrison著、233×150mm、448ページ、Christopher Helm、1983年)
 それまでも何冊か海鳥のフィールドガイドは存在したが、各種について複数のイラストと詳細な解説を伴う本格的なものは本書が初めてだったのではないだろうか。1980年代は、国内では「フィールドガイド日本の野鳥」が生まれ、海外ではシギ類やカモ類の本格的な図鑑が出版されるなど、子供心にも野鳥業界が変わりつつあるのを感じられた。30年の時を経て古くなった情報もあるし、とかくイラストに目が行きがちだが、生態や行動、分布を記したテキストを読んでいると今でもほぉと思わされることがあり、流石は世界中の海で観察して来たHarrison氏だと感心させられる。同氏は1987年に「Seabirds of the World A Photographic Guide」(317ページ、Christopher Helm)も出しており、当時撮影の難しかった海鳥の写真を、不鮮明なものはあるにせよ、よくこれだけ集めたものだと思ったものだ。サイズもフィールド向けで、釧路航路や三宅島航路に持ち込んでは目の前の鳥と比較した。海鳥の写真図鑑としては、「Photographic Handbook Seabirds of the World」(234ページ、Jim Enticott and David Tipling著、New Holland、1997年)が割と新しく、大サイズの写真で世界中の種類を俯瞰できる。ただ、惜しいことに1点だけ掲載されているカンムリウミスズメの写真はウミスズメである。


(2014年3月   千嶋 淳)

2014.07.22

海鳥を読む⑦「極東の鳥類27 海鳥特集」

Img_0006
NPO法人日本野鳥の会十勝支部報「十勝野鳥だより184号」(2014年3月発行)掲載記事「海鳥を読む」を分割して掲載)


「極東の鳥類27 海鳥特集」(藤巻裕蔵編訳、B5版、123ページ、極東鳥類研究会、2010年)
 「極東の鳥類」は藤巻氏がロシア語文献を翻訳した論文集で、北海道で鳥に関わる者にはたいへんありがたいシリーズだ。海鳥特集の本書には12編の論文が収められているが、中でも圧巻は半分近くを占める、Shuntov氏による「ロシア極東海域の鳥類2~ミズナギドリ科~」である。ミズナギドリ科各種についての自らの季節ごとの洋上分布データに加え、繁殖生態などに関する国内外の文献のレビューは秀逸の一言に尽きる。マダラシロハラミズナギドリがカムチャツカから千島列島南岸に飛来することや、アカアシミズナギドリが日本海からオホーツク海を経て太平洋を南下してゆく様子を目視調査から明らかにしているのには、上掲書における小城氏の「ロシアは海鳥の研究では日本よりはるかに進んでいます」の言葉を手放しで肯定せざるを得ない。後半の「ウミスズメの繁殖生態と育雛」も、ロシアやヨーロッパの博物学の伝統を感じさせる丹念な観察に基づくもので読み応えがある。 「極東の鳥類17 海鳥類特集」(98ページ、2000年)には、やはりShuntov氏による極東におけるウミガラス類やパフィン類の現状をはじめ4編の論文が収められているほか、同シリーズでは少なからぬ海鳥のロシア語文献が紹介されている。国境を超えて自由に行き来する鳥の理解には隣国の文献情報や研究者との交流が必要不可欠であるが、北海道の鳥に関して藤巻氏以降、ロシア語を操って人や情報の交流を促進する人材が現れていないのは残念である。


(2014年3月   千嶋 淳)

最近の記事

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Powered by Blogzine[ブログ人]

トラ場